フィルター処理もトリミングも自由自在!「Adobe Creative SDK」で獨自ドメインのブログに寫真加工の機能を追加する

sdk.jpeg自分のブログで公開している畫像に、ペイントソフトのような加工機能を追加できるウェブアプリが「Adobe Creative SDK」だ。畫像をトリミングしたり、文字を追加したり、フィルターで雰囲気を変えるなどの処理が行える。今回は、前回作成した獨自ドメインのWordPressに「Adobe Creative SDK」を導入する手順を解説しよう。


■ 誰でも編集できる狀態で寫真をブログ公開

前回の記事では「お名前.com」の獨自ドメインと共用サーバーを利用して、WordPressを構築するところまでを解説した。今回は、そのWordPressに「Adobe Creative SDK」を組み込み、畫像編集機能に対応したブログを構築してみよう。
「Adobe Creative SDK」の利用には、Adobeの公式サイトでユーザー登録が必要だ。これは誰でも無料で行えるので、まずは必要な情報を登録してアカウントを作成する。ユーザーIDを作成できたら、続けてAdobeのサイトでウェブアプリの初期設定を行う。ここで重要なのはAPIキーだ。後で必要になる文字列なので、忘れずにコピーし保存しておく。APIキーを確保できたら初期設定は完了だ。WordPressで新しい記事を作成し、その本文中にAPIキーを加えたエディタのコードを入力しよう。これでWordPressの記事內の畫像に、エディタ機能が追加される。「お名前.com」の獨自ドメインで、寫真編集機能付きのサイトが完成するぞ。


  
■ 「Adobe Creative SDK」のAPIキーを入手する
  

sdk_00
まずはAdobeのユーザーIDでサインインしよう。IDを持っていない人は、無料で作成できるので、作成した後でサインインする

sdk_01
「Adobe Creative SDK」のページを開いて「MyApps」をクリックしよう

sdk_02
「My Apps」が開いたら「GO TO ADOBE.IO」をクリックする

sdk_03
次の畫面で「New integration」ボタンをクリックしよう

sdk_04
「Create a new integration」が開く。そのまま「Continue」をクリック

sdk_05
「Create a new integration」で「Creative Cloud」の「Creative SDK」を選択

sdk_06
「Continue」をクリックしよう

sdk_07
この畫面では何も入力せずに「Continue」をクリック

sdk_08
「Name」「Description」「Platform」などの入力項目を設定して「Create integration」をクリック

sdk_09
次の畫面で「Continue to integration details」をクリック

sdk_10
「API Key(Client ID)」が表示される。この値をコピーしておこう

  
■ WordPressにフォトエディターを設定する
  

sdk_10
WordPressの設定畫面を開き、新しい記事を作成。こちらこちらの記事を參考に、エディターを呼び出すコードを入力する。その際、「apiKey:」のところに、上述のAPIキーの値を入力する


sdk_11
記事を保存してページを開いてみよう。畫像がエディタ機能が付與された狀態で表示される。畫像をクリックすると編集機能が起動するぞ

sdk_12
畫像の回転や切り抜き、フィルターの適用やテキストの追加など、ペイントソフトの機能がほぼすべて搭載されている。ここで自由に畫像を加工しよう

sdk_13
加工を終えた畫像は右クリックメニューから保存すればOK


  
■ 「Adobe Creative SDK」では元の畫像は編集されない
「Adobe Creative SDK」で寫真に加えられた変更は、WordPress上のオリジナルの寫真に影響を與えることはない。もし加工を間違った場合は、編集畫面を閉じてやり直すだけでOK。元の畫像を保持したまま、ユーザーに自由に寫真の加工を楽しんでもらえるのだ。せっかく獨自ドメインで新設したブログなので、ブログの冒頭でその旨を説明し、初めて訪れた人でも迷わず「Adobe Creative SDK」を操作できるようにしておくと親切だろう。
  
なお、「お名前.com」では、寫真に関連した「.photo」「.camera」「.pictures」といった獨自ドメインを提供している。寫真をテーマにしたサイトであることが一目で分かるので、「Adobe Creative SDK」を導入するときには、ぜひとも「お名前.com」でこれらの獨自ドメインを取得するのがオススメだ。
  
「Adobe Creative SDK」の魅力は、寫真だけでなく、その加工機能もセットで提供することで、訪れた人に撮った寫真をより楽しんでもらえるところにある。「お名前.com」の獨自ドメインと共用サーバーで、「遊べる寫真サイト」を構築してみよう。


2017年10月23日 12時00分
©教えて君.net All Rights Reserved.
成年片黄网站色大全免费