Markdown記法で作成したテキストをEvernoteに保存できるエディタ「Marxico」

1201_00.jpg

最近、一部で人気を集めているのが「Markdown記法」。これはHTMLよりもさらにシンプルなテキストの裝飾コードで、「#」や「*」といった記號を組み合わせるだけで、文字のサイズを変えたり強調できる。このMarkdown記法でテキストを作成できるエディタが「Marxico」だ。

「Marxico」は近頃話題のMarkdown記法に対応したテキストエディタだ。Markdown記法とは、極めて簡略化したHTMLのようなもので、例えばHTMLであれば見出しを[<h1></h1>」と書くところを、「#」に続けて入力するだけで大サイズの見出しになるという、非常に分かりやすく読みやすいコードとなっている。 今後はさらに普及しそうなMarkdown記法を今のうちから利用してマスターするのにうってつけのツールなのだ。

■ Markdown記法でEvernoteにデータを保存できる

mexco_01-thum.jpg
Marxico」をChromeWebStoreからダウンロードし、インストール。完了したらアプリ一覧から選択して起動しよう

mexco_02-thum.jpg
ウインドウが起動したら、まずはEvernoteとの連攜を行う。右上のEvernoteのアイコンをクリック

mexco_03-thum.jpg
「Link with Evernote」をクリックし、アカウント情報を入力したら設定は完了だ

mexco_04-thum.jpg
さっそくMarkdown記法でテキストを入力してみよう。「#」が大きな見出しで「##」や「###」は小見出しとなる。この記法に従って入力し、右側のウインドウを見ると……?

mexco_05-thum.jpg
このようにテキストが整形された狀態で出力される。右のウインドウで確認しながら、左のウインドウにMarkdown記法でテキストを入力していこう

mexco_06-thum.jpg
なお、上部にはツールバーが隠されており、強調やリンクなどの処理はここから指定できるようになっている

mexco_07-thum.jpg
左右の分割をやめて、入力畫面を全畫面化することも可能。畫面が狹い場合や、Markdown記法に慣れてきたらこちらを利用するといいだろう

2015年11月13日 23時36分
©教えて君.net All Rights Reserved.
成年片黄网站色大全免费