停電だってどーんと來い? 500Whの家庭用蓄電システムで非常時に備えよう

exo_00.jpg

ミサイルや地震などの影響で電気が止まると困る、猛烈に困る。スマホもタブレットも電池が切れたら使えないし……。というわけで災害時や電力不足による停電が心配な人は、蓄電システムを思い切って導入しておくというのはどうだろうか。サンワサプライの「BTP-300」は、500Whという大容量を誇る蓄電システムだ。

BTP-300」は、500Whのリン酸リチウムイオン電池を搭載した蓄電システム。メーカーHPによると、本バッテリーが満充電狀態の場合、32型液晶テレビ(60VA)で5~7.5時間、扇風機(45VA)で6~10時間、1500mAhのスマホ(3.7V)であれば33~44回充電できるという。
電源出力用のコネクタは2A出力のUSBポート、AC出力コンセント×3を用意。本機への充電はACコンセントから行えるほか、ソーラーパネルが接続可能な接続端子も裝備している。
このようにパワフルな製品だが、その分、値段もサイズもゴッツい。まず値段が29萬9600円。さらにサイズはW465×D300×H439mmで、重さも約16kgある。さすがにおいそれと買える値段ではないが、「電源を切らすと真剣にヤバい!」という人は、いざというときの保険だと思って導入してみては?

?リチウムイオン蓄電システム(ソーラーパネル接続可能) BTP-300
?メーカーHP

☆そのほかの新製品発売スケジュールはこちら→スマホ新製品ニュース - あんスマ

2013年02月12日 13時59分
©教えて君.net All Rights Reserved.
成年片黄网站色大全免费