Windows7:付屬していないメールソフトをネットから導入!

これまでウインドウズには必ずメールソフトが付屬していたが、ウインドウズ7には標準のメールソフトが付いていないため、自分で用意する必要がある。舊環境のOEやWindowsメールのメールデータを引き継ぎたい場合は、「Windows Liveメール」をネットからダウンロードしてインストールし、データをインポートしよう。


もちろん、マイクロソフト以外のメールソフトを使っていた場合はそれをインストールすればよい。ほかにも、これまでプリインストールされていたWindowsムービーメーカーなどが、ダウンロード方式になっている。Windows Updateの「WindowsLiveおすすめパック」から必要なものを導入しよう。

■ウインドウズ7で新しくなったタスクバー


Windows Liveメールをインストールするには、まずスタートメニューから「Windows Update」をクリック


Windows Updateのウインドウが開いたら使用條件に同意し「インストール」をクリックしよう


「インストールする更新プログラム」の中にある、「Windows Live おすすめパック」にチェックを入れて「OK」をクリック


「更新プログラムのインストール」をクリック


「WindowsLiveおすすめパック」の使用條件に同意して「次へ」をクリック


インストールする製品を選択しよう。Windows Live メールは「メール」にチェックを入れればよい。「インストール」をクリック


インストールが完了したら設定からOEやWindowsメールのデータをインポートしよう


「Windows Live おすすめパック」ではほかにも、ブログ編集ソフトの「Windows Writer」、畫像管理ソフトの「Windowsフォトギャラリー」、チャットソフトの「Windows Live Messenger」などを導入できるぞ

■アンインストール可能な機能

ウインドウズ7では、これまでOSと統合されていたツールが、切り離し可能な外部ツールとなっている。ダウンロード方式となったWindows Liveメールのほかにも、プリインストール済みのIE8やWMP、Windows Media Centerといったツールがアンインストール可能だ。フリーソフトで代替していて必要ない場合は、削除してしまっていいだろう。


コントロールパネルの「プログラムと機能」→「インストールされた更新プログラム」から削除できる

■ウインドウズ7で増えたショートカット

ウインドウズキーと組み合わせるショートカットはウインドウズ7でかなり増えている。例えば、ウインドウズキーを押しながら「T」を押すと、タスクバー上にあるプログラムのサムネイルを順番に表示するぞ。

ウインドウズ7で拡張された機能をバリバリ使いこなす

?新生タスクバー1:アイコンからメニューを自在操作!
?新生タスクバー2:履歴やブックマークを操作
?付屬していないメールソフトをネットから導入!
?萬一のトラブルの奧の手! オンラインバックアップ機能
?配置の自由度がアップした「ガジェット」
?簡単な畫像編集に最適! 強化されたペイント
?オフィス文章が読める新しい「ワードパッド」
?クラシックで見た目を舊ウインドウズに戻す
?64ビット版OSでより高機能に
?振ったり寄せたりで畫面を操作する新技
?段階指定が可能になった新生「UAC」
?ReadyBoostを多重駆動 USBメモリで高速化
2009年06月25日 14時29分
©教えて君.net All Rights Reserved.
成年片黄网站色大全免费