Windows7 新機能:WMPのリモート機能で“どこでも再生!”

ウインドウズ7のWMPには、ネットワークを介してコンテンツを共有できる「リモートメディアストリーミング」という機能が搭載されている。インターネットに接続されているパソコンがあれば、どこからでも動畫や音楽のストリーミング再生が可能。自宅のマシンのWMPに動畫や音楽、畫像ファイルを保存しておけば、會社や學校のパソコン、外出先のノートPCから自宅のWMPに接続して、保存したコンテンツを楽しむことができるのだ。


iTunesなどのほかのメディアツールが対応していない獨自の機能なので、これだけのためにWMPに乗り換えるのもアリだろう。ただし、リモートメディアストリーミングはウインドウズ7のWMP同士でしか利用できないため、利用するパソコンのOSはすべて7でそろえる必要があるぞ。

■リモートメディアストリーミングの設定をしよう


リモートメディアストリーミングにはWindows Live IDが必要。アカウントがないならHotmailに登録して作成しておこう


WMPを起動して「ストリーム」→「ホームメディアへのインターネットアクセスを許可」を選択


「オンラインIDをリンクする」を選択する


「オンラインIDプロバイダーを追加」を開いて、Windows Live IDを選択


Windows Live IDサインインアシスタントのダウンロードページになるのでダウンロードしてインストールする


「オンラインIDプロバイダー」にWindows Live IDが追加されているので、「オンラインIDをリンクする」をクリック


Windows Live IDを入力して「サインイン」する


「ストリーム」→「ホームメディアへのインターネットアクセスを許可」で「ホームメディアへのインターネットアクセスを許可」を選択すれば設定完了

■ストリーミングは設定いらず

リモートメディアストリーミングでは、UPnPでルータやファイアウォールのポート開放作業が自動で行われるようになっているため、特に設定を行う必要はない。ただし、マシンがスリープ狀態になるとストリーミングできなくなるため、ノートPCなどで利用する場合は電源の設定でスリープを無効にしておこう。


コントロールパネルから「電源オプション」→「コンピューターがスリープ狀態になる時間を変更」で、電源接続時はスリープ狀態にならないように設定しよう

■ウインドウズ7ではISOイメージを直接書き込める

これまでISOイメージの書き込みにはライティングソフトが必要だったが、7ではISOイメージを右クリックして「ディスクイメージの書き込み」を選択すると、ライティングソフトなしで直接書き込むことができる。

Vistaには真似できない! ウインドウズ7の新機能まとめ

?導入:あらゆる面でVistaを越える期待の次世代OS
?導入:ウインドウズ7 RC版を導入してみよう
?仮想化XPモードで安全にP2Pを利用する(1)
?仮想化XPモードで安全にP2Pを利用する(2)
?WMPのリモート機能で“どこでも再生!”
?外出先から自宅のWMPに接続する
?超便利! エロ畫像はライブラリで管理
?検索設定を保存してファイルを一発抽出
?自動バックアップ機能でファイルを定期保存
?動作の手順を記録する問題ステップ作成ツール
?家庭內LAN構築も超簡単「ホームグループ」
2009年06月23日 14時43分
©教えて君.net All Rights Reserved.
成年片黄网站色大全免费