【Vista/XP】SSDをRAID0を構築してさらに高速化してみる

「RAID0」とは、複數のHDDをまとめて1臺のHDDとして扱う技術だ。1つのデータを2臺のHDDに平行して書き込むため、書き込み速度が倍近く速くなる。RAIDに対応しているマザーボードもしくはHDDケースが必要になるため敷居は高いが、速度アップの効果は圧倒的だ。今回は、ただでさえ高速なRAID0をHDDの代わりにSSDで運用し、一段上の速さに挑戦してみた。

→「19のチューニングテク」インデックスへ戻る

RAID0のSSDにOSをインストールするには、少々面倒な作業が必要だ。RAID用ドライバをインストールするために、XPではフロッピーディスクが必要となる(Vistaの場合はUSBメモリで代用可能)。フロッピーディスクを用意できない人は、nLi teを使って、ドライバを組み込んだイメージを作成し、OSごとインストールしよう。

■SSDでRAID0を構築する


RAIDに対応したマザーボードには、通常のシリアルATAコネクタとは別にRAID用のコネクタがある。SSDを接続しよう


BIOSでRAIDを使用するよう設定しよう


HDDが認識されたらCtrlキーとGキーを押し、ディスクアレイの作成畫面に移動。RAIDのドライバをフロッピーディスクに入れた狀態でF6キーを押して読み込ませる。この作業は面倒なので、nLiteを使ってドライバ組み込み済みのインストールディスクを作っておこう

■RAIDドライバ入りのインストールディスクを作成

?nLite


nLiteを起動。「タスクの選択」で「ドライバ」と「ブータブルISOイメージ」を有効にしよう


ドライバの選択畫面が表示されたら、右クリックして「ドライバ単體」を選択


ドライバはマザーボード付屬のディスクに入っているので、調べてみよう。今回使ったGIGABYTEのマザーボードでは、「D:\Other\GSATA\Floppy32」に用意されていた


ドライバを選択すると統合オプションの畫面が開くので、そのままディスクの作成を進めればよい


完了するとドライバが統合されたイメージが作成される。ディスクに書き込んでインストールに使おう

■RAID0ってアクセスがめちゃめちゃ早くなるしいいこと盡くめだよね?

RAID0は1つのデータを2臺のHDDに分けて書き込むため、1臺で処理するよりも高速になるというメリットはあるが、故障する確率も2倍になるというデメリットがある。バックアップは常に取っておこう。

■ソフトウェア編

?【Vista/XP】OSチューンアップの基礎の基礎を確認!
?【Vista/XP】よく使うデータは「Ultimate Defrag」でHDD外周に
?【Vista/XP】肥大したレジストリや一時ファイルなどのゴミは根絶

?【Vista】機能を選んで超軽量インストールする「vLite」
?【Vista】「Mz Vista Force」「Mz Ram Booster」でVista軽量化
?【Vista】無駄な機能は全停止! 停止できるサービス一覧も

?【XP】「nLite」でインストールディスクをカスタマイズ
?【XP】窓の手、窓の足など超定番の3大改造ソフトを活用しよう
?【XP】Windows XPの不要な機能を徹底シェイプアップ!

■ハードウェア編

?【Vista/XP】そろそろ導入!? SSDで限界を超えた速度に挑む!
?【Vista/XP】SSDの取り付けは簡単! SSD導入実踐編
?【Vista/XP】SSDをRAID0を構築してさらに高速化してみる
?【Vista/XP】OSを丸ごとメモリにブチ込むと爆速だぞ!
?【Vista/XP】RAMディスクで高速なドライブを増設する(1)
?【Vista/XP】RAMディスクで高速なドライブを増設する(2)
?【Vista/XP】RAMディスクでZIP解凍が爆速に!
?【Vista/XP】RAMディスクで仮想OSも高速化できる

?【Vista】高性能USBメモリでVistaを高速化!

?【XP】「eBooster」を使えばXPでもReadyBoostできる!

2009年05月01日 17時00分
©教えて君.net All Rights Reserved.
成年片黄网站色大全免费